百人一首大会

勝つことだけでなく負けることも学べる伝統文化

百人一首が持つ力

今から約800年前にまとめられた百人一首。
それが現在でも老若男女を問わず、多くの方から親しまれている。
この事実だけでも大きなものがあります。

そのような伝統文化としての力だけではなく、ゲームとして持つ力もあると私たちは考えています。

勝ち負けを学ぶことができる教材

だからです。

札を取るというゲームですから、勝ち負けがあります。
勝てたらうれしい、負けたらくやしい。
大人から見たら当然のことですが、今、子どもたちにこのような経験をどれだけさせられているでしょうか。
勝つ経験も、負ける経験も人を大きく成長させます。

子どもたちに伝統文化の素晴らしさを感じさせるため、勝ち負けを経験させるため。
私たちは20年以上にわたって、本大会を運営しています。