第6回TOSS全国1000会場教え方セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

新卒や講師の先生で、
これからの授業や学級経営に悩みを持っていませんか?
昨年までのの1年間で難しかった部分はありませんか?
そんな悩みを解消し、
夢だった「教員」の道を明るく楽しく元気よく進んでいきましょう!!



3/17AM 授業の基礎基本ゼロから学ぶ 3/25AM 教師のための仕事術 3/25PM 先生大好き!笑顔いっぱい 1年生・低学年
4/7AM 授業の腕を上げる 4/21AM 特別の教科道徳 4/21PM 特別支援教育
5/12AM 信頼関係をはぐくむ学級経営 5/26AM 6月を乗り越えるアドバンス学級経営


「詳細」と「申込」は下記に!
みなさんと一緒に学べるのを楽しみにしております!


3月17日(土)9:30~11:30
京都府中小企業会館
~新採・講師・学生向け~
「授業の基礎基本をゼロから学ぶ」会場 
 4/1に採用。そしてすぐに授業がやってきます。
 その授業の方法は…誰も教えてくれません。
「教育実習の経験があるでしょ」「やりながら覚えなさい」という程度です。
 授業の上手な先生は例外なく学んでいます。
 では、何をどのように学んでいるのか、
 それをゼロから一緒に学んでみませんか。

 1 「授業」とは?
  【講座】教育実習で授業をしても、実際に教員になり授業をしても、
   なかなか手応えがないということはありませんでしたか。
   学校で子どもたちが最も多くの時間を使う「授業」をうまく行うヒントを提供する講座です。
 2 「教材研究」とは?
  【演習】放課後の教材研究。他の先生のやり方を見る機会はほとんどありません。
   地味な作業ではありますが、極めて重要な教材研究。
   それを演習形式で学びます。
 3 「対応力」とは?
  【講座】授業はいつも思っていたとおりに進められるわけではありません。
   教材研究不足や不規則発言などによって、
   ちょっとしたエラーがでます。
   そういったものを修正し、授業のねらいを達成する「対応力」について学びます。
 4 「授業」体験をしよう
  【体験】みなさんが子ども役になって授業を受けてみましょう。
   講座や演習で学んだポイントを復習しながら、
   自分自身で授業をどのように進めたらよいのかについて体験できます。
 5 Q&Aできいてみよう
  【質問】学ぶと必ず疑問が出ます。何でも気軽に聞くことができるQ&Aを行います。
3月25日(日)10:00~12:00
会場:京都府中小企業会館
〜みんなが笑顔に〜
「教師のための仕事術」会場
「教師のための仕事術」会場
 丸つけ、生徒指導、授業準備に追われる毎日…。
 そんな先生いませんか?
「教師のための仕事術」を知れば、少し楽になれますよ!
 余裕をもって、自分の時間も楽しみましょう!
 4月から、心も体も元気に過ごすための工夫を一足お先にお伝えする会場です。
 1 仕事術の基礎・基本
 2 成績処理の早技
 3 ICT機器の活用法
 4 定時に帰る
 5 学年仕事のコツ
 6 保護者対応
 7 教師自身の自己研鑽法
3月25日(日)13:30~15:30
会場:京都府中小企業会館
「先生大好き!笑顔いっぱい1年生・低学年」会場
 学校大好き、先生大好き!!
 子どもも先生も保護者も笑顔になれる会場です。
 初めて1年生を担任する先生、1年生じゃないけれど、少し4月から不安に感じている先生。
 ぜひお友達と誘い合ってお越しください!!

 1 1年生担任に決まった瞬間にすること
 2 あなたの不安に答える1年生担任あれこれ
 3 保護者は担任のここを見ている! 信頼される先生の条件
 4 小グループに分かれて演習講座 一緒に考え、練習しましょう。
   ・鉛筆の持ち方指導
   ・人形やパペットの使い方
   ・初めてのあいさつ     など
 5 初めてシリーズ克服講座
   ①初めての給食指導
   ②初めての掃除指導
   ③初めての音読指導
   ④初めての参観・保護者懇談会・家庭訪問
 6 演習講座2
   ・さみしくて泣いている子への声かけ
   ・トイレを失敗してしまった子への声かけ
 7 あったら便利!1年生・低学年教室グッズ紹介
 8 QA講座
4月7日(土)10:00~12:00
京都府中小企業会館
~授業だけでなく、あらゆる場面に活かせます~
「授業の腕を上げる」会場
 授業を上手に行うにはいくつもの「原則」が必要です。
 その中から最も重要な十の原則を具体的にお伝えします。

 1 趣意説明の原則
 2 一時一事の原則
 3 簡明の原則
 4 全員の原則
 5 所時物の原則
 6 細分化の原則
 7 空白禁止の原則
 8 確認の原則
 9 個別評定の原則
 10 激励の原則
 11 Q &A
4月21日(土)10:00~12:00
会場:京都府中小企業会館
~自分の生活に活かす~
特別の教科「道徳」会場
 特別の教科「道徳」。
 ⼩学校は2018年度から,中学校は2019年度から教科化されます。
 お話の読み取りで終わらない道徳の授業,
 ⼈の⽣き⽅に触れたり,⾃分事として考えたりできる道徳授業を学ぶ会場です。

 1 偉人・スポーツ選手を扱った道徳授業
  【模擬授業】子どもたちに親しみやすい人物から⽣き⽅を学びます。
 2 マンガ・アニメを扱った道徳授業
  【模擬授業】日本ポップカルチャーとして世界的に人気のマンガ・アニメを題材にします。
 3 評価の取り⽅
  【講座】教科化に⽋かせない評価の取り⽅と実例を紹介します。
 4 道徳的名作を扱った授業
  【模擬授業】道徳的読み物としてこれまでによく使われている教材の料理法とは?
 5 日本の良さを扱った授業
  【模擬授業】お箸、町おこし、世界遺産など、日本の良さが教科書でも取り上げられています。
 6 討論のある授業
   【模擬授業】教科化のキーワードの一つ「考え、議論する道徳」とは?
 7 授業づくり体験
  【演習】教材からみんなで授業を作ってみましょう
4月21日(土)13:00~15:00
会場:京都府中小企業会館
~どの子もニコニコできる教室づくり~
「特別支援」会場
 学齢期において6.5%の割合で存在する可能性があるといわれる発達障害の子ども。
 その子ども達がいきいきと学ぶことができる「特別支援教育」に関する基礎知識と実践スキルを一緒に学びましょう。

 1 特別支援の基礎・基本(講座)
   脳はどのようにしてできているのか。脳科学の視点にそって特別支援を学びます。
 2 初任者必見 特別支援の子どもを巻き込んだ学級経営術(講座)
   キレる、こだわりが強い、など大変だと言われる子ども達。
   その子たちが毎日を楽しく過ごすことができる学級経営の方法を紹介します。
 3 特別支援の子どもも巻き込む授業(子役付き模擬授業)
   教材や対応を正しく使うことで、どの子も安心して授業を受け、さらにできる実感をもつことができます。
   その授業を子役付きの模擬授業形式で紹介します。
   明日から教室で即実践可能な指導法が満載です。
 4 事例をもとにした「合理的配慮」(講座)
   特別支援のキーワードである「合理的配慮」
   教室内では、授業では、どのような合理的配慮が行えるのか。
   実際の事例をもとに紹介します。
 5 キレる子、こだわりの強い子へのケンカ両成敗指導(演習)
   学校生活の中で起こるケンカ。そのケンカに対してどのように対応すればいいのか、演習形式で学びます。
 6 Q&A
5月12日(土)10:00~12:00
会場:京都府中小企業会館
~子どもたちと先生、子ども同士の心をつなぎたい先生へ~
「信頼関係をはぐくむ学級経営と授業」会場
 子どもたちは、自分を成長させてくれる先生、認めてくれる先生、楽しくさせてくれる先生、
 人間関係を豊かにしてくれる先生が大好きです。
 新年度から3ヶ月間は、そのための大切な期間です。
「先生はわたしたちのことを分かってくれている!」という信頼関係を、
 どのようにして築いていくのかを、具体的な授業やレク、演習を通して学びましょう!

1 正しく深い子ども理解で子どもを育くむ
  子ども理解は、「子どもがどう思っているかを理解すること」から始まります。
  第1講座では、その捉え方で貫かれた授業と学級経営のポイントを、
  整理してお伝えします。

2 学級活動・休み時間 授業でちぢめる!心の距離!ネタ10連発
  明日からすぐにできる!子どもたちとの心の距離をちぢめるネタをたっぷりとご紹介します!
  低学年編 教師と子どもをつなぐ鉄板ネタ
  ①ソーシャルスキルかるた
  ②五色名句カルタ
   子ども同士をつなぐ鉄板ネタ×2
  ③④休み時間の遊びはコレ!男子編・女子編 男子
  ⑤学級全体で行う集団作りネタ
  高学年編 教師と子どもをつなぐ鉄板ネタ ステップ1~3
  ①五色百人一首 ②ふれあい囲碁
  子ども同士をつなぐ鉄板ネタ×3
  ③ハッピーレター
  ④休み時間の遊びはコレ!
  ⑤超盛り上がる!校外行事のレクBEST3

3 子どもたちとの信頼関係を築く!タイプ別・事例別「誉め方」「趣意説明」講座
  評価と指示は、子どもたちに届く言葉で伝えて初めて、効果が表れます。
  なぜ、よいのか。なぜ、いけないのか。なぜ、するのか。
  子どもたち一人一人によって、伝える内容は同じでも、伝え方は異なります。
  それらを、みなさんとのワークショップを通して、子どもたちとの関係づくりに、
  明日からすぐに役立てていただけるための講座です。
  ① 言うことを聞かない子
  ② 何でも意欲的な子
  ③ どちらとも言い難い子
  ④ 自分の考えを言い出せない子・言わない子
  ⑤ 否定語の多い子・マイナス思考な子

4 子どもの力を引き出す「教えて褒める授業」
  学校生活のほとんどは授業です。
  授業で、子どもたちの学力をつけ、信頼関係を築くためのポイントを、
  模擬授業を通してお伝えします。
  ①低学年編
   ・教えて誉める音読指導 話す聞くスキル
   ・低学年の誉め方10のポイント
  ② 高学年編
   ・ 多様な意見を引きだす アクティブラーニング型討論の授業
   ・ 高学年の誉め方10のポイント
5 好き嫌いは3ヶ月!信頼関係は積み上がる!1年間の指導スキル
  パナソニックの元社長、松下幸之助は、「3カ月経ったら自分(経営者)の責任や」と言っています。
  始めの3カ月間で、信頼関係を築き、深めていくための指導スキルをご紹介します。
  ① 苦にならず子どもたちと心をつなぐ!赤ペン日記指導の秘訣
  ② 1回で3度誉められる一筆箋
  ③ やってはいけないこの指導BEST3
  ④ 信頼関係をきずく休み時間の雑談

6 何でもQ&A
  講座中に分からなかったこと、もう少し聞きたいこと、今一番困っていることなど、
  講師がその場でお答えします!!
5月26日(土)10:00~12:00
会場:京都府中小企業会館
~6月を楽しく乗り越える~
「アドバンス学級経営」会場
 いわゆる、「魔の6月」。
 クラスの形ができてきて、子どもたちの気も緩みがちになる時期です。
 そんな時期だからこそ、新しいものに挑戦し、クラスの一体感を高め、
 4月からよりレベルアップした学級にするために一緒に学びませんか。

 1 5月までの学級経営をチェック項目で振り返ろう
   自分の学級経営を振り返るきっかけに!
 2 学活で使えるクラス遊び(低・中学年)
   ちょっとの隙間時間でできる全員熱中のクラス遊び!
 3 魔の6月 クラスのほころびを立て直すシステム作り
   先生がいなくても自分たちでチェックし合えるシステム作りの基礎
 4 中だるみを防ぐ全員活躍の係活動
   係活動も中だるみ・・・なんてさせない!全員活躍で楽しい活動!
 5 学活で使えるクラス遊び(高学年)
   高学年でも楽しめるちょっとしたクラス遊び!
 6 クラスの良さを伝える学級通信の効果的な書き方(パソコン使用)
   実際にパソコンを使って学級通信を書いてみましょう!早く書けるコツを伝授します!
 7 Q&A
   学級経営のことだけでなく、普段の悩みから一挙解決!何でもQ&A
 8 6月からの決意!
*は必須項目です

*名前

*メールアドレス

*申込会場
3月17日(土)午前 教え方セミナー「授業の基礎基本をゼロから学ぶ」
3月25日(日)午前 教え方セミナー「教師のための仕事術」
3月25日(日)午後 教え方セミナー「先生大好き!笑顔いっぱい1年生・低学年」
4月 7日(土)午前 教え方セミナー「授業の腕を上げる」
4月21日(土)午前 教え方セミナー「特別の教科道徳」
4月21日(土)午後 教え方セミナー「特別支援」
5月12日(土)午前 教え方セミナー「信頼関係をはぐくむ学級経営と授業」
5月26日(土)午後 教え方セミナー「アドバンス学級経営」